東京アイルサポート&コンサルタント株式会社のブログ | 不動産の有効活用や相続の事前準備にお悩みなら東京アイルサポート&コンサルタント株式会社にお任せください

東京アイルサポート&コンサルタント株式会社
ブログ
2018年04月30日 [不動産]

含み損が出そうなマンションには手を出さない!!


マンション購入の際に考えなければいけないのが、将来的な資産価値についてです。万一、手放すことになった際に、借り入れだけが残るという事態は避けたいものです。リセールバリューを視野に入れた物件選びが重要です。

含み損を回避するには?

マンション購入を検討している際に気になるのは、含み損です。経年劣化による、建物自体の劣化はもとより、近隣地域に歓迎されない施設ができることなどによって起こる価値の下落や、不景気による地価の下落などさまざま要因によって含み損は発生します。マンション購入時には誰もが含み損のリスクを抑制したいと考えて、物件選びをするものです。都心からの距離をはじめ、最寄り駅からの所要時間や日常生活を行ううえでの必要な施設や店舗などの充実ぶりを見ることも重要です。また、政府が掲げる国策などの観点からも考える必要性があります。現在はさほどでなくても、将来的に躍進を遂げるような地域での物件選びをすることによって、含み損を抑制することができるといえるでしょう。また見落としがちなのが、マンションの総戸数です。一般的には、総戸数が多い方が共用施設が充実しますので安心といえます。

マンションのリセールバリューとは

マンションのリセールバリューへの関心も高まっています。リセールバリューとは、マンションの資産価値のことです。含み損を回避するためにはリセールバリューが高い物件選びをすることが必要です。その要素として挙げられるのが、立地条件であり、多くの割合を占めています。利便性の高いエリアであり、駅からの距離も近いともなれば、リセールバリューは高くなるといえます。将来的にみても、都心部に政治や経済、教育など多くの機能が集中していることから、おのずとこのエリアのマンションの資産価値は高くなると考えられます。都心から離れたエリアであれば、スーパーやコンビニ、病院などの日常生活に必要な施設が充実していることによって、含み損の回避が可能になります。また、総戸数が多ければ、共用施設の充実が期待できることから、リセールバリューの向上にも寄与すると考えられます。


マンション
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop