東京アイルサポート&コンサルタント株式会社のブログ | 不動産の有効活用や相続の事前準備にお悩みなら東京アイルサポート&コンサルタント株式会社にお任せください

東京アイルサポート&コンサルタント株式会社
ブログ
2018年04月02日 [不動産]

不動産の売却と購入どっちが先??


不動産を所有していて、新しい不動産を購入するために、今ある不動産を売却してから購入する、もしくは購入後売却という選択肢を選ぶとしたらどちらが良いのでしょうか。それぞれのメリットについて触れていきます。
.

売却を先にはじめるメリット

不動産を所有していてまず売却を行ってから購入を考えることのメリットはなんでしょうか。一番大きな点としては多額の頭金を用意出来た状態で、不動産を購入できるということです。ローンを組む前提の人ならば、多額の頭金とローン支払いを合わせれば、かなりの額の不動産を購入することも可能です。今所有しているより大きな土地や家、また投資用のマンションやアパートといった集合住宅を買うなど、不動産の選択肢が増えることでしょう。ローンを組まないという人は頭金というより、即金で不動産を購入することになります。現金で一括払いできたらローンを組む手間も省けますし、利息が発生しないので支払総額が増えることもありません。それまでローンがない生活をしていた場合は、ローンによって固定支出が増えると厳しいこともありますが、現金一括支払いならば毎月の固定支出が増えることもありません。


購入を先にはじめるメリット

一方で、先に不動産を購入することのメリットとはなんでしょうか。最大のメリットとしてあげられるのは、不動産を迅速に購入できることです。当然ですが、売却をしたいと思っても買い手がつかないと売ることはできません。好条件で安く売るならば買い手もすぐ見つかるでしょうが、とりあえず相場程度で売りたいと思ったら長期戦も覚悟する必要があります。欲しい不動産があっても、今のものを売却してから、と考えていたら無くなってしまうかもしれません。自分が魅力に思えるようなものは他人が見ても魅力的なはずです。まず購入してしまい、その後焦らずにじっくりと売却をすることで収入を減らすのを避けることができます。また不動産の購入には特例で税金が免除されるケースも多々有ります。買いどきを伺っていて時間が経ち、そのような特例を受けられなかったというもったいない事例もありますので、様々な周辺の条件を見ておく必要があります。


このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop