東京アイルサポート&コンサルタント株式会社のブログ | 不動産の有効活用や相続の事前準備にお悩みなら東京アイルサポート&コンサルタント株式会社にお任せください

東京アイルサポート&コンサルタント株式会社
ブログ
2017年10月30日 [ネット販売]

ネット状況

今、日本のネットショップ(ECサイト)の市場が拡大しています。
経済産業省のデータによると、物販系ECサイトの市場規模は、2014年度には6兆8,042億円だったのが、2016年度には8兆43億円と右肩上がりの成長を遂げています。

物販系ECサイトの市場規模

(出典元:経済産業省「電子商取引に関する市場調査」(平成28年)と(平成27年))
ECサイト市場規模
この成長の理由のひとつには、インターネットでモノを買うことが当たり前になった、という背景があります。
昔は「インターネットで買い物をすることが怖い」という方がそれなりにいました。
しかし、そのような方も、周囲の方がネットショッピングを楽しんでいるのを見て、「じゃあ、自分も試してみよう」と背中を押された結果、ネットショッピングの便利さの虜(とりこ)になるケースが増えています。

そして今は、スマートフォンやタブレットでネットショッピングをする人も増えています。
スマートフォンやタブレットがあれば、わざわざパソコンの前に座らなくても、インターネットにつながる場所であればどこからでも手軽にネットショッピングができるからです。

こういった状況の中、「私もネットショップを開業したい!」と考える人が増えています。

たしかに今は、ネットショップを開業する方々にとって、追い風が吹いている時期です。
業界全体が盛り上がりを見せており、いろいろな企業が参入しています。
最近では、無料でカンタンにネットショップを開業できる「STORES.jp」や「BASE」などのサービスもあります。

ただ、このブームにはひとつ大きな注意点があります。
それは、ネットショップの数が増えているということは、当然のことながら、ライバル(競合)も増え続けているということです。

そして、その結果、多くのお店が“ある問題”に直面しています。
それは、「集客がうまくいかない」「商品が売れない」という問題です。

次回は来週です。今考える時期です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop