東京アイルサポート&コンサルタント株式会社のブログ | 不動産の有効活用や相続の事前準備にお悩みなら東京アイルサポート&コンサルタント株式会社にお任せください

東京アイルサポート&コンサルタント株式会社
ブログ
2017年08月01日 [不動産]

空室対策に必要なポイントB

ターゲットを絞り入居者ニーズを把握する
人口減少・人口格差が原因でマンションの空室が目立っていますが、居住者の属性を絞って賃貸経営を考えれば効果が表れやすいと言えるでしょう。
例えば、物件がある地域の年齢層や男女の割合、職業やライフスタイルなど地域のニーズや特徴を把握し、確率的に一番多く集客できそうな属性をターゲットにする方法があります。
また、外国人をメインターゲットにしたマンション・アパート経営も考えられます。外国人のライフスタイルに合わせた設備や部屋作りをすることで有効な手段となってくるにちがいないでしょう。

その他に、「女性と高齢者」だけにフォーカスした運用方法も考えられる。
住みやすい住環境エリアに加えて、部屋の雰囲気や間取り、快適に過ごせる設備も含めた「生活のしやすさ」を提供できれば居住者のニーズに応えられるため、将来的に考えても期待度は高く属性を絞ることで、より居住者の生活に合うような工夫や施策が可能になります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop