東京アイルサポート&コンサルタント株式会社のブログ | 不動産の有効活用や相続の事前準備にお悩みなら東京アイルサポート&コンサルタント株式会社にお任せください

東京アイルサポート&コンサルタント株式会社
ブログ
2017年08月11日 [不動産]
自分の目で物件の「現状」を確認しよう!

不動産投資を行う前にある程度は物件資料から読み取れる事が多い。しかし、肝心なのは現物を自分の目で見る事にあリます。立地条件や周辺環境など実際に足を運ばなければ感じる事のできないものが存在するでしょう。
また、物件の良し悪しもまた写真では見落としがちな部分も出てくるため必ず確かめなければならない箇所もあります。
利回り等のキャッシュフローが大切なのは当たり前としてでも、実際に物件を見た時点で投資を断念する事も十分あり得ます。不動産投資で失敗したくなければ、現物を目の前にした時次回書きますポイントを確認するようにしよう。投資

2017年08月11日 [不動産]
高度な専門性」と「トータルサポート」が不可欠になる
『不動産業界の今後!投資アドバイザーとして不動産アセットマネジメント業務が拡大!?』今後は「不動産のプロ」としてより消費者目線での対応が求められる時代になるでしょう。
例えば、収益物件を主に扱う不動産会社は、投資アドバイザーとして投資家が満足するような投資提案をするようにならないとニーズに応える事が難しくなる。投資家の投資目的に合わせてより信頼される不動産の専門家としてスキルアップする事が必要です。

高度な専門性がない場合でも、「売買」「賃貸」「修繕」「トラブル」など住宅にまつわる事をトータルサポートする不動産会社、もしくは担当者として生涯にわたり顧客対応をするのも一つの手になるでしょう。
消費者からすれば、住宅は一生に一度の高額な買い物であることを不動産会社の人は忘れてはいけません。投資だって同じであり、収益が出るようにサポートするホスピタリティー精神が溢れる不動産会社がこれからは時代を作り上げていくでしょう。

また、少子高齢化に伴い、相続・贈与や住宅のリフォーム・リノベーションについて問われる事が増えてくる事が予測できる。そのため、例えば、士業の方とタッグを組んだサービスを運営したり、または、建物の修繕やリフォームをメインとした不動産会社が消費者から必要とされでしょう。

ぜひ一度弊社にお問い合わせ下さい。消費者目線に立ちベストな提案を致します。

PageTop