東京アイルサポート&コンサルタント株式会社のブログ | 不動産の有効活用や相続の事前準備にお悩みなら東京アイルサポート&コンサルタント株式会社にお任せください

東京アイルサポート&コンサルタント株式会社
ブログ
2017年06月23日 [海外商品]
日立製作所とSGホールディングスは30日、物流分野で資本・業務提携すると正式に発表した。まず両グループで相互に出資し合い包括的な協力体制を確立。それぞれが傘下に持つ日立物流と佐川急便の3年以内の経営統合をめざす。

各社これから海外との業務提携まっしぐら、日本マーケットからいよいよ海外へ羽ばたく時代が加速しています。
今はTPPの大詰め、加盟国との関税撤廃も見直しの時期が前倒しになっている。

“日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)交渉で、日本政府がEU産の輸入ワインに課している関税を段階的に引き下げ、数年かけて撤廃する調整に入った。日本としては、ワイン市場開放でEUに譲ることで、国内農家への影響が大きいとされるチーズの関税(30%程度)を守りたい思惑があるとみられる。以下略(毎日新聞)

そこで、これから海外との輸出入は値段勝負の時代に突入している。
また何処と取り組んでいくかが重要です。
商品の上代は世界共通の価格になる。大手ファッションブランドは約10年前からその取り組みをしている。

今だからこそ品質、信頼、安心して買える商品として「made in japan」が注目を集めるのも解る。
私たちはこれから東南アジアと業務提携し、世界の皆様に安心して購入できる商品を開発していきます。
是非、ご期待ください!
もう暫くお待ちください。

2017年06月23日 [不動産]
今後の人口は、内閣府ホームページ
http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2012/znbun/s1_1_1_02.html
によると、2048年に1億人を割り込みます。2060年には8.674万人になると推計されています。

東京オリンピック後は土地の価格が下落します。
所有している土地の価格が大変なことに!
駅周辺や都心の土地は潰しが効くが地方都市の土地は厳しい。
今、悩んでいる方は、急いで売却や活用方法を相談した方が望ましい。
売りたくても買い手が見つからない、収益物件でも入居がつかないなど、悪循環になります。
お金になる木は今のうちに!!

一緒に準備をしましょう。

2017年06月23日 [不動産]
本日は、小林麻央さんが死去し心からお悔やみ申し上げます。

さて、相続対策について、
近年、税金の見直しが毎年改定されています。
のんびりしているととんでもない事になります。
早めの対策が必要です。
受け継いだ土地や財産守りたいですね!
一番良い形はそれぞれの家庭によって異なります。
土地を売却し、その収入をもとに投資しても良いですし、活かせる土地であればそこに収益物件を建てることもオススメです。
家族で考えていても結果とんでもない事になるケースがございます。

私たち東京アイルは様々な内容でも、対応できるメンバーを揃えております。
先々の話でも良いです。何なりとお問い合わせをお待ちしております。

2017年06月23日 [リフォーム]
現在、「リノベーション」と「リフォーム」の言葉の使い分けは非常に曖昧になりつつあり、明確な線引きはされにくくなってきています。 しかし、2つの言葉の間には、主に「工事の規模」と「住まいの性能」の2つの違いがあります。

工事の規模
設備の変更や修繕など、システムキッチンやユニットバスの入れ替えや壁紙の貼り替え程度の比較的小規模な工事は「リフォーム」に分類されます。一方、間取り、水道管、排水管、冷暖房換気設備の変更など大規模な工事は「リノベーション」に分類されます。


住まいの性能
新築の時と同等か以下の性能になる工事は「リフォーム」に分類されます。一方、新築の時以上の性能になる工事は「リノベーション」に分類されます。

また、住宅にオフィススペースを設けたり、オフィスビルを住宅用に改修する等、用途の変更が伴うリノベーションのことを「コンバージョン(変換、転換)」と言われることもあります。日本でも少子化で廃校になった学校がオフィスや福祉施設となったり、オフィスビルが供給過剰となっている地域で多くの空室が発生し、その対策としてマンションとするコンバージョンが見受けれます。

今までのことを踏めて弊社はお客様にとって何が一番ベストなのかを考えながら提案いたします。

PageTop