東京アイルサポート&コンサルタント株式会社のブログ | 不動産の有効活用や相続の事前準備にお悩みなら東京アイルサポート&コンサルタント株式会社にお任せください

東京アイルサポート&コンサルタント株式会社
ブログ
2017年06月02日 [不動産]
(賃貸)
賃貸とは、現在所有している土地や建物を、ほとんど手を加えずに他人に賃貸してその賃料収入を得ることです。収入を得るというメリットがありますが、借主となってくれる相手を探したり、オフィスを一部テナントに貸すような場合は、その相手によって自社の利用がある程度制限されたりするという制約があります。

(自社事業)
自社事業とは、たとえば自分の土地にマンションや店舗などを建てたり、時間貸し駐車場にしたりして、他人に賃貸するなどの事業を行うものです。建設コストがかかる分、買い手や借り手から十分な支払いが得られるかどうかのリスクがあります。取引の条件にもよりますが、一般的に、前述の単純な賃貸よりは収益性は高いものが多いようです。立地条件を勘案したうえで、広く希望者を募り、建設コスト・メンテナンスコストを低く抑えることができれば、より利益が出る可能性が高まります。

(売却)
収益を生まない土地や建物については、売却してしまうのも一つの手段です。賃貸の相手方が見つからず、自社事業として成立する見込みがない不動産については、担保能力なども低い傾向がありますので、無駄な税金や手間を省くためにも一定条件で売却して、キャッシュを手にする方がよいことも十分考えられます。全国的に地価の下落傾向は下げ止まる方向にありますし、一部の商業地域では上昇に転じているところもあります。

上記内容を考えながら何が1番ベストなのかお客様目線に立ってベストな提案を致します。

2017年06月02日 [不動産]
土地や建物については、ただ所有しているだけではなんの収益を生むこともなく、むしろ固定資産税の負担をしなければならなかったり、バランスシートを重くしたりするだけで、メリットが生じないものだということについては、いまさらここで言うまでもありません。
企業の倒産やバブル崩壊、海外進出などにともない、企業が所有する多くの工場・社宅などが売りに出され、閉鎖されほかの用途として有効活用されています。
不動産活用の主な形態に「I.賃貸」「II.自社事業」「III.売却」があります。
次回は賃貸、自社事業、売却について説明します。

PageTop